ブログでGoogleアドセンスの審査を合格する方法

ブログでGoogleアドセンスの審査を合格する方法

今日もお疲れ様です、底辺サラリーマンのはなくそですよ!

本業だけじゃ将来が不安だからインターネットで副業を始めようと思ってる人は結構いると思います。そこで一番稼げる広告はGoogle先生が提供しているアドセンス広告です。

どの広告業者よりもクリック単価が異常に高くてとても素晴らしいです!

しかしアドセンス広告は厳しい審査があり合格した人のみが利用出来ます。数年前はアドセンス広告の審査はユルかったと聞きましたが今は超厳しいみたいですね。

考えたら今やインターネットで稼ごうとしてる人達が急増してアドセンス広告の申請がとっても多くなったからかなと思っています。

そこで今回はブログでGoogleアドセンスの審査を合格する方法を紹介します。

注意!!自分は去年にアドセンス合格したので審査基準は変わっているかもしれません。

ブログのコンテンツを考えよう

まずGoogle先生のアドセンスの禁止コンテンツに該当しないジャンルにしましょう!

禁止コンテンツ – AdSense ヘルプ – Google Help

その他に日記ブログや2ちゃんまとめブログなどは絶対にダメです!

日記ブログは知名度もないアナタに誰も興味ないのでダメです!もし既に知名度もあってアクセスがあるのならアリかもしれません。

2ちゃんまとめブログは著作権違反だらけでしかもインターネット上に量産されているからもっとダメです。オリジナルのかけらもないですよ。

自分が考えたのはオリジナルかつGoogle先生も知らない超マニアックで有益な情報を提供するブログを作った方が良いと思います。ちなみに自分は地域を限定したインターネットに掲載されていない定食屋を突撃レビューするブログを作りました。

Google先生が欲しいのは新しい情報!

インターネットに既にある情報を記事にしても審査が落ちるのは当たり前。インターネットに情報がない隙間の隙間を狙いましょう。

ブログを作ろう

自分はGoogle先生が運営しているBloggerを使いました。何かちょっと審査甘くしてくれないかなと甘い期待を抱きました(笑)

そして独自ドメインを取得してブログ運営をしましょう!ドメインは年1000円以内なのでそれくらいはお金を使いましょう!受験費用だと思って下さい。

ちなみに自分はバリュードメインでドメイン取得しました。

ドメインとはネット上で大事な住所である!

無料ブログのドメインは言わば大きなマンションの一室、独自ドメインは一軒家。さてGoogle先生はどの家に住んでいた方を見つけやすく選びたいと思いますか?

(追記)2016年3月から独自ドメインじゃないと申請出来なくなったみたいです。

ブログの記事を書こう

これからのSEO対策はたった1つの方法で全て解決します!
WEBサイトを作成したら多くのユーザーに見てもらいたいから検索上位を狙いますよね。その検索上位に表示させる方法がSE...

この上の記事でも書きましたがGoogle先生は良質な記事を求めています。SEOだけじゃなくアドセンス広告の審査にも大事な基準だと思います。

文字数は1000文字以上あったら最高ですが自分は平均的に800文字くらいが多かったです。ダラダラ1000文字書くよりも濃い内容で800文字以上ならOKだと思いますよ。

記事は自分の熱意を込めて書こう!

自分の思いを熱意を込めて書いていたら1000文字超えません?『あ~あと200文字何を書こうかな』とか思って書いてる記事は既にコンテンツが弱いかと思うんですが。

画像は自分で撮影したオリジナルの画像のみ掲載しましょう。ただ著作権に該当しそうな画像は絶対に掲載しないで下さい。

記事の更新頻度は毎日です!ちゃんと更新してるというやる気を見せて下さい。

記事数は10記事以上は欲しいところ。頑張って更新をして下さい!

ブログのデザインを考えよう

デザインはユーザーが見やすくて使いやすいデザインを意識しましょう。

サイドバーには毎日更新してますアピールでカレンダーを設置したり、カテゴリを増やしたり、新着記事や人気記事も追加すると良いと思います。

見た目でコンテンツが充実してる感を出そう!

あと自分のメールアドレスを記載してお問い合わせも作りましょうね。

ブログを申請しよう

いよいよ申請する時がやって来ました!申請したからといって記事更新を止めるのは絶対にダメです!結果が出るまで更新し続けましょう。

自分はこの上記のことに注意しながらブログ運営、アドセンス広告の申請をしたら合格をもらうことが出来ました。時期と運が良かったんだと思ってます。

アドセンス広告の審査で困ってる人に参考になってくれれば嬉しいです。

審査に合格出来ることを祈ってます!

インターネットの情報に振り回されたら不幸になる

インターネットの情報に振り回されたら不幸になる

最近ふとインターネットを使っていて思ったお話。

インターネットが普及して欲しい情報が簡単に手に入る様になったこの頃。なんて素晴らしいんだろう、ITの技術進歩は素晴らしいですね!本まで電子書籍化されちゃってさ。

インターネットは便所の落書きではなくなりましたね!言われてた時代が懐かしい(笑)

しかし余計な情報まで入手しちゃって頭でっかちになってる様な気がする。自分にまったく価値がなく、自分を不幸にする情報もたくさんある。以前こんな記事を書きました。

ネットで病気の不安を調べてませんか?※サイバー心気症
体の調子が悪くなったらどうしますか?①数日様子を見る、②すぐに病院に行く、③ネットで病気を調べる!調べてませんか?インタ...

山ほどある情報をどう使うかは自分次第だけど、情報に振り回されたら不幸になってしまうと思うんです。大事な情報だけ欲しくて余計な情報を遮断する方法ってないもんかね。

仮に不幸になる情報を知っても自分でどうにかなる話なら知る意味があるかもしれません。ですが不幸になる情報を知ってどうにもできないのなら知らない方が幸せです。

ことわざにもありますね!

知らぬが仏

知らぬが仏とは、知れば腹が立ったり悩んだりするようなことでも、知らなければ平静な心でいられるということのたとえ。また、本人だけが知らずに澄ましているさまを、あざけって言うことば。

引用元:故事ことわざ辞典

インターネットは最高に便利だし1日中ずっとネットしてる自分がこういうのも何だけど『インターネットがない方が幸せじゃないのかな?』って時々思うんだよなぁ。

しかしそんなこと不可能なわけで、これからどんどんインターネットが発展していく。そんな世の中で出来ることはネットリテラシーをもっと勉強するべきだと思う今日この頃。

ネットで病気の不安を調べてませんか?※サイバー心気症

ネットで病気の不安を調べてませんか?※サイバー心気症

体の調子が悪くなったらどうしますか?①数日様子を見る、②すぐに病院に行く、③

ネットで病気を調べる!

調べてませんか?インターネットは情報が溢れていて検索したらすぐに知ることが出来ます。なんて便利なんでしょう!自分の症状を検索して安心させる記事、不安にさせる記事、色々ありますよね。

PCから手を休めて時計を見て下さい。『えっ!もうこんな時間?』アナタもしかして、

サイバー心気症になってますよ?

私も慢性前立腺炎の症状が出た時、病院に行かず数日間ネットで調べました。目を充血させながら時間を忘れ徹底的に調べました!

【結果】ただ不安になった。調べれば調べるほど不安になった。

慢性前立腺炎を調べる⇒症状『足が痺れる』⇒数日後、『アレ、足が痺れてるような…もしかして…』みたいなパターンもあるんです。逆の『病は気から』です!病状を思えば思うほど、その症状が現れてくるんです。

悪いコトはネットで調べてはいけない

これに尽きると思います。調べないとウズウズするのはわかります!ですがとりあえず止めましょう。調べたら病気が治るワケじゃありませんよ?

また検索上位にあるサイトであればあるサイトほど、記載されてる内容は絶対に正しいと思ってる人いませんか?それは間違いですよ、気をつけて下さい。

と言うか、今や人の不安をあおって商品を購入させるアフィリエイトサイトばかりが検索上位にむらがっています。皆さん気をつけましょう。

親『寝たら治る!早く寝ろ!』

昔の親は根性論でしたね(笑) インターネットもないから余計な情報がなく、何でも寝て治るもんだと教えられて来ました。でもそれが一番良かったのではないでしょうか?実際に自分はそうやって治していました。病院なんて連れてって来れませんでした。

アメリカ人は肩をこらない』って話を聞いたコトがありますか?こらない理由は知らないから。アメリカでは肩コリって症状が存在しません。日本に来たアメリカ人が肩コリの症状を知って肩をこりだしたみたいです。この話は色んな説がありますが、自分が思ったコトは『病は気から』を超えた『知らなければ病気じゃない』のだと思いました。

まとめ

とりあえず、私からサイバー心気症になってる人に言いたいコト!それは、

そうだ、最寄の病院へ行こう!

医師の診断を受けて早く安心して下さい。保険証はお忘れなく!