居心地の良い環境よりも成長できる環境に身をおくべき

居心地の良い環境よりも成長できる環境に身をおくべき

『この会社にいて自分は成長できるのか?』

そう思ったら今すぐ転職することをオススメします。これからもずっと居心地の良い会社にいても今後クビや会社倒産した時に成長していない自分に後悔します。

現代社会ではブラック企業が多くて居心地の良い会社に入社できると安心してしまう気持ちはわかります!けれどその安心は年を取れば取るほど不安に変わっていきます。

居心地に良い環境に居続けると野心がなくなり違う環境でやっていけなくなります。どうせなら自分を成長させてくれる会社にいた方が自分にとって良いと思います。

例えば某大企業が大量のリストラをしましたね。大企業で居心地も給料も良かったでしょう。仕事も誰でも出来るような右から左に流す仕事してた人も多かったはず。定年まで勤めるはずだったのにまさかリストラされるとは思わなかったでしょう。

そんなリストラされた人達は今どうなっているか?転職が上手くいってない人が多いですね。居心地の良く成長出来ない環境に居続けたせいで厳しい環境に適応出来なくなってしまったんです。残ったのはつまらないプライドのみ。

今や大企業ですら定年まで働くことが出来ない社会になりました!これからは倒産することを想定して生きて行かなくてはいけません。

だからこそ居心地の良い環境に居続けないで成長できる環境にとびこんだ方が良い!

ちなみに居心地の良い会社に居続けながら自らスキルアップや副業をする方法はとても有効だと思います。しかし3日坊主になり続かない、結果が出ない人は大多数です。

だからそういう人は本業でしっかりスキルアップを目指すしかないんです。本業だとやらなければ生活出来ないから必死に頑張るんです。

何歳になっても成長し続ける心をしっかり持ちましょう!改めて質問します、

まだ成長できない会社に居続けるの?

今年の汚れは今年のウチに掃除をしよう

今年の汚れは今年のウチに掃除をしよう

2016年も残りあと10日を切りました!早いですよねぇ~年を取ったと感じますよ(笑)

ところで皆さん掃除しましたか?自宅だけじゃなく会社デスクも早めに掃除しましょう。会社では汚いデスクで仕事をしても効率が上がりません。こんな記事も一緒にどうぞ、

仕事がデキる人の机はキレイ!であって欲しい
仕事がデキる人の机は整理整頓されてキレイ!よく聞く言葉ですよね。では実際どうなんでしょうか?と言うことで自分の職場の...

掃除が苦手な人でも年に1回くらいは掃除する気になれますよね。重い腰を上げて綺麗に掃除して来年から気持ち一新して頑張りましょうよ!

自分はキーボードとマウスは入念に掃除します。パソコン業務なのでずっと触れているので脂や汚れがこびり付いて超汚いんです!あのヌルヌル感が気持ち悪い。

それと卓上カレンダーもお早めに買いましょうね。スケジュール帳を使うのが苦手な人でも卓上カレンダーなら1日に1回は目を通すだろうし簡単なスケジュール管理はこれ1つでバッチリです。ちなみに愛用してる卓上カレンダーがこちら、

あと自宅ではお風呂掃除が自分の仕事です!今週末が終わったら今月は休みがないので早めにお風呂を掃除しましたよ。ちなみに31日も仕事なんですよぉ~トホホ。仕事の関係でこの6年は会社で年末年始を過ごしています。

ちなみにお風呂を掃除するならこの商品がオススメですよ!知ってますか?

この激落ちくんはスポンジで水に濡らして擦るだけで簡単に汚れが落ちて無茶苦茶キレイになります!余計な洗剤は使わずにこの激落ちくんだけで毎年お風呂掃除しています。

ちなみに激落ちくんでゴシゴシ掃除してたら力が入って天井にある点検口をドカンと開けてビックリしました(笑) 皆さんもお風呂の天井を掃除する時は気をつけて下さいね。

今年の汚れは今年のウチに掃除をしよう!

心の溜まったゴミも今年のウチに掃除して下さいね(笑) ではこのへんで。

通勤時間が長いのは人生と時間の無駄!

通勤時間が長いのは人生と時間の無駄!

サラリーマンの皆さん、今日もお疲れ様です!

ところで通勤時間はどのくらいかかってますか?自分は通勤時間ほどムダな時間はないと思っています。片道1時間だと往復2時間ですよ?もう酷いったらありゃしない!

会社が好きで続けたいのなら近くに引越しするか、自分に合わななら即辞めましょう。

どうせ通勤時間にスマホでゲームしたり寝てるんじゃないですか?

残業がある会社だった大変です。一体何時に家に着くんですか?そして何時に起きないといけないんですか?家でゆっくりする時間ありませんよね?

どんだけ時間をムダにしているのか通勤時間を計算してみましょう。紙とペンの用意を!

往復2時間として月24日を仕事とします。※これは自分の月の出勤日数です。

ななななんと48時間!一か月に2日間も通勤時間に使っているんですよ!

一年計算だと24(月の出勤日数)×2(往復時間)×12(年)=576時間!日数で割ると…

1年で24日も通勤時間に使ってる恐怖!

自分の月の出勤日数だけ通勤に使われてるなんて酷過ぎる。時間がもったいないですよ!ちょっと皆さんも自分の通勤時間を計算してみて下さい。

24日好きなことして良いよと言われたら色んなこと出来ますからね!

あとムダな通勤時間を使って電車内で資格の勉強をしてる人を見ます。ムダな時間をスキルアップの時間にするのはとても素晴らしいと思います。

個人的な意見ですが集中して勉強出来ますか?慣れたら出来るのかもしれませんが。

行きはまだ頭がスッキリしてるから勉強がはかどるかもしれませんが帰りはどうですか?疲れて勉強に集中出来てますか?めんどくさくなって止めてませんか?

個人的には空いた隙間を使って勉強するのは効率が悪いような気がします。よって通勤時間は人生と時間の無駄という結論になりました。

時間は二度と戻って来ませんよ。時間をムダにしてる生活をもう少し考えて下さい。

引っ越すか辞めるか二つに一つ!

以上、おつかれ!

サラリーマンは自宅・会社で地震対策をして自分の命を守ろう

サラリーマンは自宅・会社で地震対策をして自分の命を守ろう

最近では日本各地で地震が発生していて本当に怖いですよね。いつ自分が住んでいる地域に大地震が来るかわかりません。

自分は大阪に住んでいて南海トラフ地震が発生したら確実に津波に襲われてしまう場所に住んでいます。引越したくてもそう簡単に出来ないのが悲しいね…。

だからこそ今のうちに地震対策はしっかり万全にしようと思って行動しています!かなりの心配性なので地震対策について結構調べましたよ。

インターネットでは東日本大震災で影響を受けた人達が避難生活に必要なもの、あったら嬉しいものなど情報提供してくれています。本当に感謝します、ありがとうございます!

情報をまとめて自分なりに防災グッズを詰め込んだカバンを作り、いつでも避難所へ逃げれるように準備しています。緊急時に必要な道具自宅で避難生活する道具日頃持ち歩く避難道具の3種類の避難道具を作成しました。

緊急時に必要な道具⇒震災により自宅が危険で避難所に逃げる・避難所で生活するための道具です。3日分の食料を確保します。また逃げることを優先にするので重すぎてはいけません!余計なものは絶対に入れないで下さい。

自宅で避難生活する道具⇒自宅で避難生活するための道具です。一週間分の食料を確保します。日頃の日用品でもなくなったら購入するのではなく常に予備を常備しましょう。

会社に通退勤するカバンの中に必要最低限な道具を持ち歩いています。それプラス会社に残り必要な道具を常備しています。また本当に震災に会ったら動揺してパニックになるのでどう行動するべきか紙に書いています。

サラリーマンは自宅よりも会社にいる時間は長いと思います。いつ震災があるかわかりませんから自宅だけじゃなく会社でも絶対に地震対策しておきましょう。

自分が会社で地震対策していると周囲が『地震来てないのに準備し過ぎ』と笑っていました。自分はこう思いました。『こういう人達が震災で○○するんだろうな…』と。

後悔先に立たず!

自分の命は自分で守ろう!誰も助けてくれないと思え!命を守るために今すぐ地震対策しておきましょう!明日からじゃない、今すぐやろう!

副業を始めよう、さらばブラック企業!

副業を始めよう、さらばブラック企業!

※この記事は他ブログで数年前に更新した記事です。

自分はブラック企業で働いてます。超絶ブラックです!漆黒の闇です!サービス残業は当たり前、休日もなく、有給なし、安給料、ボーナスなし、交通費なし、無能社長、恐怖のノルマ、グチャグチャな人間関係…すべて揃ったアットホームな会社で御座います(笑)

昨日会社で話したのは、『おはようございます』『お疲れ様で~す』の二言だったような…これが今時のアットホームなのか?笑顔もないぞ!?

社蓄化していく自分、毎日コキ使われる日々、もう限界突破だぁぁぁ!!!

こんな会社、絶対に辞めてやる!

今すぐ副業を始めよう!

しかしブラック企業を辞める前に不安がありました。それは、

①転職に失敗して収入がなくなるのが怖い。

②転職先もブラック企業だったらどうしよう。

③今よりも収入が減ったらどうしよう。

ならどうするか!?

自分で金を生み出そう

起業だとリスクが大きい。副業から始めよう!金を稼ぐ能力さえ身につければ自分に自信がついて大胆な行動ができます。Bダッシュの感覚です!

深夜までサービス残業させられ時間はないかもしれない。けど会社のせいにしても何も変わらない、自分が変わらないといけません。こうなってしまったのは自分の落ち度もあったんだと納得しましょう。

ブラック企業の社長は社蓄を人だと思っていません。ギリギリまで使って病気になって使えなくなったらポイ捨てします。アナタの代わりはいくらでもいるのですから。

ブラック企業で働いている社蓄たち!一緒に副業を始めよう!

明日から?いいえ、今すぐです

数年後このブログに来て、自分が副業で稼いで優雅な生活してるのを見て『オレもあの時から副業やっとけば良かったぁぁぁ!』なんて後悔するコトになりますよっと。

社蓄たちよ、立ち上がれ!

会社があと1年で倒産するとしたら…アナタならどうしますか?

会社があと1年で倒産するとしたら…アナタならどうしますか?

突然ですが今勤めているブラック企業があと1年で倒産する可能性が出てきました。

原因は絶対的な人材不足。事業の中心で頑張っていたメンバーも半数以上がバックレ。新たに雇ってもブラック過ぎて即辞めていきます。

過去のメンバーを思い出した時、今自分は一体何人分の仕事をしているのだろうと感じます。けど辛くなるから考えないようにして来ましたが、正直限界ですね(笑) 心のドコかで潰れてしまえこんな会社と思ってましたし。さてここから問題です、

あと1年猶予があるならどう行動するべきか。

自分は今年で30歳になる20代最後の年!この1年の使い方で人生が大きく変わる。

皆さんならどう行動しますか?もしも1年後に会社が倒産するとしたら…さわ…ざわ…。

金を稼ぐ力を身につけよう!

資格の勉強を始めますか?けど30代で転職をするなら資格よりも経験が重要になると思います。浅い資格の知識じゃ現場では即戦力にならないでしょう。

知り合いの同業者にヘッドハンティングしてもらう?それは悪くないと思います。ですがヘッドハンティングされるレベルなのか?うーん(笑)

そうだ、自分で金を生み出そう!

人に雇われず自分の力で生きて行く良いタイミングなのかもしれません。

自分はこれまで副業や勉強をしてきました。それは突然の倒産やリストラにあった時などのリスク回避のためです。この状況になって頑張って良かったと実感しています!

で・す・が!やはり今まで倒産やリストラがないとわかって安心してダラダラ副業や勉強をしていたのも事実。そして倒産するという現実が目に見えてきてやっと焦りだす自分、本気になろうと頑張りだす自分。我ながら情けなくなります。

学生で例えるならば、

テスト前日になって猛勉強する学生そのもの!

ハイ!もうダラダラしません!明日がテストだと毎日思いながら頑張ります!

これまでの1日とこれからの1日の重みが大分違います、とてつもなく重いです!大事に毎日を過ごしたいです!倒産までに生活していけるだけのお金を目標に頑張りますよ!

な~んかこの記事を書いていてAC公共広告機構のある言葉を思い出しました(笑)

お前が無駄に過ごした今日は、昨日死んだ誰かが死ぬほど生きたかった明日なんだ

うっ…!胸にズキッと来るお言葉ありがとうございます。

会社を信用するな!明日は我が身の気持ちで行動しよう

会社を信用するな!明日は我が身の気持ちで行動しよう

アナタは会社員ですか?それとも派遣ですか?パート?バイト?

自分は底辺だけど正社員サラリーマンとして働いています。

けど自分はハッキリ言って今働いてる会社を信用していません。仕事をサボッてるとかそういうことではありません。

例えば定年までこの会社が存在しているのか?と考えちゃうわけですよ。もしかしたら来月に業績不振でクビになるかもしれないし、来年に倒産するかもしれません。

正社員で安定して給料をもらっているからと言って安心してはいけないんです。

国税庁が公表した会社生存率は10年で倒産する確立は90%超なんです。

ここまで明確に倒産確立を知っているのに何も準備をしないのは怖くないですか?

今から頑張らないでどうするんだよ!

正社員で安定して働いてる今!そう今ですよ!今から頑張らないといけません。

アナタにはどの会社に行っても即戦力になれる絶対的スキルを持っていますか?少しでも自分を疑ったのなら要注意です。

クビや倒産してから頑張っても遅いんです。即戦力になる資格を取得するのに半年から1年の勉強時間を必要とするものばかり。

『あの時頑張っておけば良かった…』なんて思ってももう遅い。時間は戻ってきませんよ?時間を無駄にしてはいけません。

頑張る年齢なんて関係ありません。むしろ歳を取れば取るほど頑張らないと若者には勝てませんよ。実際に今バイトでも年齢見て切られることが多いんですから。

スキルもなく課長や部長になって高給もらってあぐらをかいて部下をアゴで指示しているそこのアナタ!大丈夫ですか?

自分を磨き続けることを忘れてはいけません!

と、強く自分に言い聞かせながら記事を書いてます。一緒に頑張りましょ(笑)