インターネットの情報に振り回されたら不幸になる

インターネットの情報に振り回されたら不幸になる

最近ふとインターネットを使っていて思ったお話。

インターネットが普及して欲しい情報が簡単に手に入る様になったこの頃。なんて素晴らしいんだろう、ITの技術進歩は素晴らしいですね!本まで電子書籍化されちゃってさ。

インターネットは便所の落書きではなくなりましたね!言われてた時代が懐かしい(笑)

しかし余計な情報まで入手しちゃって頭でっかちになってる様な気がする。自分にまったく価値がなく、自分を不幸にする情報もたくさんある。以前こんな記事を書きました。

ネットで病気の不安を調べてませんか?※サイバー心気症
体の調子が悪くなったらどうしますか?①数日様子を見る、②すぐに病院に行く、③ネットで病気を調べる!調べてませんか?インタ...

山ほどある情報をどう使うかは自分次第だけど、情報に振り回されたら不幸になってしまうと思うんです。大事な情報だけ欲しくて余計な情報を遮断する方法ってないもんかね。

仮に不幸になる情報を知っても自分でどうにかなる話なら知る意味があるかもしれません。ですが不幸になる情報を知ってどうにもできないのなら知らない方が幸せです。

ことわざにもありますね!

知らぬが仏

知らぬが仏とは、知れば腹が立ったり悩んだりするようなことでも、知らなければ平静な心でいられるということのたとえ。また、本人だけが知らずに澄ましているさまを、あざけって言うことば。

引用元:故事ことわざ辞典

インターネットは最高に便利だし1日中ずっとネットしてる自分がこういうのも何だけど『インターネットがない方が幸せじゃないのかな?』って時々思うんだよなぁ。

しかしそんなこと不可能なわけで、これからどんどんインターネットが発展していく。そんな世の中で出来ることはネットリテラシーをもっと勉強するべきだと思う今日この頃。

バックレた社員の完璧すぎる逃亡方法

バックレた社員の完璧すぎる逃亡方法画像著作者:morrosv7

何だかブラック企業をバックレて復讐したお話が大好評でした(笑) それがコチラ、

出来る社員がブラック企業をバックレて復讐したお話
ある日 いつも通り会社に出勤したら朝から突然の報告がありました。『あの社員がバックレた!』『えぇ!?あの人がそんなコト...

この記事でバックレたデキる社員がとても完璧な逃亡劇だったので今回はどんな逃亡方法をしたのか知ってる範囲で紹介したいと思います。

タイムカードをコピー

このデキる社員は約5年前からタイムカードをコピーしていました。実はこの5年前くらいから仕事と責任を負わされイジめられ始めていました。

つまり5年前から復讐は始まっていたと考えると超恐ろしいですよね。

タイムカードは自分がどんだけ残業したのか完璧な証拠になります。サービス残業してる人は念には念をタイムカードコピーしましょう。

バックレる数日前に引越し

ブラック企業だと新人はすぐ辞めるし、働いてる人に辞められたら大変だから、働いてる人が無断欠勤すると自宅に速攻で突撃するようなキチガイ会社だったんです。

だからデキる社員はバレない様にバックレる数日前に引越しを済ませていました。その引越しの作業中もいつも通り出勤していつも通り残業して帰っていました。怪しい行動を一切見せないので凄いな~と思いました。

弁護士を使う

弁護士とタッグを組んで退職後の必要な手続き、直接会おうとしない直接連絡しないで弁護士経由で連絡すること、今月残りの出勤日数は全て有給消化させて給料を振り込むこと、過去の残業代も全て支払うことの内様書類をバックレた日の朝イチに会社に手紙が届くようにしていました。

これで会社側はデキる社員に直接圧力をすることが出来なくなりました。

またバックレ行為は怖いですよね。ブラック企業から嫌がらせ行為をされるかもしれません。だからこそ弁護士に頼んで自分の身を守ってもらいましょう。

絶対に誰にもバックレを話さない

いつ誰が会社側に情報を漏らすかわかりませんからね。出来るなら誰にも話さない方が良いでしょう。ちなみにデキる社員は自分にだけ話していました(笑)

まとめ

以上がデキる社員がバックレるまでにやった逃亡方法です。

法律を破るブラック企業を相手にするには徹底的に会社を潰す気でヤラないとブラック企業からは絶対逃げられません!

自分は今辞めるつもりはありませんがタイムカードコピーはやってます(笑) いずれは録音機も買ってミーテキングのパワハラも録音して証拠をGETしてやろうと思います。

逃げる準備はお早めに(笑)

ネットで病気の不安を調べてませんか?※サイバー心気症

ネットで病気の不安を調べてませんか?※サイバー心気症

体の調子が悪くなったらどうしますか?①数日様子を見る、②すぐに病院に行く、③

ネットで病気を調べる!

調べてませんか?インターネットは情報が溢れていて検索したらすぐに知ることが出来ます。なんて便利なんでしょう!自分の症状を検索して安心させる記事、不安にさせる記事、色々ありますよね。

PCから手を休めて時計を見て下さい。『えっ!もうこんな時間?』アナタもしかして、

サイバー心気症になってますよ?

私も慢性前立腺炎の症状が出た時、病院に行かず数日間ネットで調べました。目を充血させながら時間を忘れ徹底的に調べました!

【結果】ただ不安になった。調べれば調べるほど不安になった。

慢性前立腺炎を調べる⇒症状『足が痺れる』⇒数日後、『アレ、足が痺れてるような…もしかして…』みたいなパターンもあるんです。逆の『病は気から』です!病状を思えば思うほど、その症状が現れてくるんです。

悪いコトはネットで調べてはいけない

これに尽きると思います。調べないとウズウズするのはわかります!ですがとりあえず止めましょう。調べたら病気が治るワケじゃありませんよ?

また検索上位にあるサイトであればあるサイトほど、記載されてる内容は絶対に正しいと思ってる人いませんか?それは間違いですよ、気をつけて下さい。

と言うか、今や人の不安をあおって商品を購入させるアフィリエイトサイトばかりが検索上位にむらがっています。皆さん気をつけましょう。

親『寝たら治る!早く寝ろ!』

昔の親は根性論でしたね(笑) インターネットもないから余計な情報がなく、何でも寝て治るもんだと教えられて来ました。でもそれが一番良かったのではないでしょうか?実際に自分はそうやって治していました。病院なんて連れてって来れませんでした。

アメリカ人は肩をこらない』って話を聞いたコトがありますか?こらない理由は知らないから。アメリカでは肩コリって症状が存在しません。日本に来たアメリカ人が肩コリの症状を知って肩をこりだしたみたいです。この話は色んな説がありますが、自分が思ったコトは『病は気から』を超えた『知らなければ病気じゃない』のだと思いました。

まとめ

とりあえず、私からサイバー心気症になってる人に言いたいコト!それは、

そうだ、最寄の病院へ行こう!

医師の診断を受けて早く安心して下さい。保険証はお忘れなく!