来年こそブラック企業から脱出しよう

来年こそブラック企業から脱出しよう画像著作者:GeS

ほとんど社会人が年末年始休みの中、自分はバリバリ働いております。オフィス街は歩いてる人がまったくいなくて周囲のビルも電気が消えて寂しいもんですね(笑)

さて今年も心身やられながらブラック企業で働いた人はいると思います。お疲れ様です!

来年もまたブラック企業で働くことを考えるとゾッとしませんか?恐怖でたまりません。

決断は早い方が良いですよ?来年こそブラック企業を辞める!いや、違うな…

来年こそブラック企業を脱出する決断をする!

ブラック企業は簡単に辞めさせてくれませんからね、脱出が一番合ってますよ。

ブラック企業で働いていると脱出を邪魔する3つの障害があるんですよ!

①サービス残業で自分の自由時間が奪われて転職活動する時間がなくなる。

②安月給で働かされるから貯金ができず転職先が決まるまでの無収入期間のお金の不安。

③ブラック社員達による足の引っ張りやパワハラ洗脳活動。

今年脱出しようと思っていたけれど障害が邪魔して脱出できなかった人は山ほどいると思います。これではダラダラとブラック企業で働き続けて年ばかり取って心身やられてブラック企業を辞める最悪のパターンになってしまいますよ?

勇気を出して行動しよう!

来年こそブラック企業を脱出すると決断したらブラック企業にどう思われたって良いじゃないですか!自分の周囲で辞めた人たちは生意気な態度へと豹変しましたよ(笑)

その生意気な態度はブラック企業には有効だなと思いましたね。二度と会わない人達にどう思われても良い感覚。そして皆がサービス残業してても完全無視して帰宅するんです。

洗脳されたブラック社員の『ここで頑張れないならどこ行っても同じ』なんてテンプレートなパワハラお説教は完全無視!ボイスレコーダで録音して弱みを握りましょう(笑)

目には目をならぬ『ブラック企業にはブラックな対応を』です。

ブラックな対応をすることで残業しないから転職活動する時間が作れて、ブラック社員に『アイツはもうダメだ』と認識させれば洗脳活動も自然となくなります。

貯金は計画的に自分に合った方法で頑張って下さい。決意が固ければ絶対に出来るはず!

最後に長年同じ職場で働いていると転職が恐怖になるんですよね。『次もブラック企業だったらどうしよう』『人間関係が上手くいかなかったらどうしよう』『転職活動を失敗したらどうしよう』色々と考えてしまいます。

『○○だったらどうしよう』の考えは止めましょう!誰だって未開地に足を踏み入れるのは怖いですよ。けど勇気を出して1歩踏み出して下さい、恐怖を好奇心に変えましょう!

来年をムダな1年にしてはいけません、この年末年始休みに決断しましょう!

決断と行動で来年は明るい未来が待っている!

思い立ったら即行動しよう!

思い立ったら即行動しよう!

サラリーマンの皆さんおはようございます。今日も一緒にお仕事頑張りましょう!

さて、イヤイヤ仕事をしていると『こんなんじゃなかった』とか『アレもしたい、コレもしたい』とか色々思ってると思います。わかる!凄いわかりますよ!

現状に納得いっていない時に自分は凄い考えちゃいます(笑) まもなく30歳ですがまだ夢を諦めきれなくてね。いつまでもこの現状が続くのかと思うとゾッとします。

けど『時間がない』とか『自分には無理』と勝手に決めつけて行動していないんじゃないですか?言い訳するなら一度でも行動したことありますか?

思い立ったら即行動しようぜ!

言い訳するのはもう辞めましょう。そして気持ちを切り替えて行動しましょう。本当に実現したいことがあるのなら余計なことは考えずに行動しよう!

今やインターネットには情報がいっぱい溢れていて情報収集してから行動する人がいっぱいいると思いますが、そんな人はいつまでたっても行動しません。

情報は良いことや悪いこといっぱいあって終わりはありません。逆に聞くけど、どのくらい納得いく情報が集まれば行動するんですか?

情報収集するのも悪くありませんが結局は自分で行動してみないとわかりませんよ!

成功する人はまっさきに行動するんです。行動しながら情報収集するんです。時間は待ってくれないし同時に進行するから効率も絶対的に良いんです。

行動するだけで情報の見え方も違ってきます。インターネットの情報よりも、行動してみて手に入れた情報が重要なんですから。

別に大きく1歩踏み出さなくても小幅でゆっくりで構いません!行動するのが大事なんです。思ってるだけじゃ1歩も踏み出していませんから。

サラリーマンは行動する時間がないのもわかっています。けど毎日少しずつゆっくり時間をかけて行動して、なりたかった自分を実現しようではありませんか!

行動するその1歩1歩が自分をプラスに変えていきます。

百聞は一見にしかず。さぁ動き出そう!

ではまた。