老後のために今を頑張って働くと人生つまらなくなる

老後のために今を頑張って働くと人生つまらなくなる

今の日本人サラリーマンの考えって定年の60歳まで40年間必死になって働いて、老後は年金生活や海外旅行に行ったりして余波を楽しむ話をよく聞きます。

しかし年金受給の年齢と定年の年齢は65歳に引き上がった。自分が定年65歳まであと35年、その頃には年金はもらえず定年がなくなり死ぬまで働かされるかもしれません。

また今の若者はモノ離れが始まってお金を使わず、年金に頼っていたら危ないと必死に貯金をしてますよね。現実をかなり見ていると思います。

だけど将来の不安ばかり考えて貯金してもゴールがないから辛くなるだけ。30年先の日本がどうなってるか誰もわからないし、いくら貯金しても将来の不安は消えません。

貯金は大事だけれど若い今からお金を使って旅行したり美味しいものを食べたりして人生楽しんだ方が良いと思うんです。老後の余波の為に今を頑張る考えを止めるべきです。

また若く元気な時に旅行した方が老人になってからよりも数倍楽しめますよ!

老後の為に今を頑張るんじゃない!今を楽しむ為に頑張ろう!ではどう行動するべきか、

手に職を作り自分で稼ぐ力を身につけよう!

これさえあれば老後になっても仕事とお金に困ることはありません。定年を考えず体が動くまで気楽に仕事をし続けた方がボケないし健康的にも良いんじゃないの?

毎日仕事を頑張ってたけど仕事を引退したら一気に老けた老人とか見てるとそう思う。80歳なっても畑仕事をバリバリしてる知り合いの老人いるけど超元気ですよ(笑)

年金も老後もないものだと思って若い頃から仕事と遊びを両立させ、今から人生を楽しむ考えに切り替えましょう。若いうちは寝る間惜しんで働けなんて言葉はもう時代遅れ!

と思う今日この頃。

どんなに貯金しても将来の不安はなくならない

どんなに貯金しても将来の不安はなくならない画像著作者:Japanexperterna.se

貯金してますか?

今ビクッとしたサラリーマンは絶対いると思います(笑)

いつクビや会社倒産して収入がゼロになるかわからない、突然の事故や病気、もっと先を言えば老後資金として貯金してる人が大多数だと思います。

そんな自分も毎月ボチボチと貯金をしてるわけですが、いくら貯金しても将来の不安が解消されないことに気付いたんです。『もっともっとお金欲しい!』ってなります(笑)

技術は発展してるのに生活は昔に比べて生きづらくなっていく世の中、何だかなー。

何でいくら貯金をしても不安になってしまうのか、それはお金はいくらあっても足りなくなる類であって、これではいくら貯金しても将来の不安はなくならないんです。

そこで自分が考えたのは、

貯金のゴール設定と自己投資にお金を使う!

貯金を止めると不安になる人もいると思います。だって世間では老後資金に3000万円必要ってよく言われてます。え?3000万円とか正直ムリじゃない?(笑)

年金受給だって絶対に年齢上がるだろうし自分が老後の時にはもらえなくなってそう。

そこで自分は30年後の老後のことよりも目の前のことから考えようと決めたんです。

まず無収入でも2年間は生きていけるお金を貯金のゴールと設定して、達成後は自己投資のスキルアップにお金を使おうと思ったんです!

さすがに貯金ゼロはダメだと思います(笑) ちなみに貯金のゴールを設定した方法は、突然ドン底の底辺に落とされても絶対に這い上がって再スタートできる年数で考えました。

また先の見えないゴールよりも明確なゴールを設定した方が貯金成功させやすいですよ。

次に自己投資!自分を成長させる為のお金はムダ使いではありません。

将来の不安を貯金だけで解決しようとせず自分もスキルアップすることで、どんな将来が待っていようとも順応出来る自分になっていれば最強でしょ!逃げ道は複数作っておいた方がリスク軽減にもなります。

最後に乱暴な意見かもしれませんが、いつ死ぬかわからないし、30年後の老後なんてどうなるかわからないし、今を全力で楽しんだ方がいいんじゃないの?貯金ばかりしないで趣味や娯楽にも使って人生横臥しましょうよ。と思う今日この頃。

学校では教えてくれない『お金と人生』の話

学校では教えてくれない『お金と人生』の話

私たちは学校で『お金と人生』について学んでいません。知っているようで実は知らない人がたくさんいると思います。現代社会と照らし合わせて、正確な知識を学び、将来をのびのび楽しく生きましょう!

カイジ「命より重い! 」お金の話

“学校では教えてくれない『お金と人生』の話” の続きを読む