【DIY】川口技研のホスクリーンを取り付けてみた!

DIY

川口技研のホスクリーンを、洗面所とベランダ手前の2箇所に取り付けてみました。
以前は、一人暮らしの時に使ってたにニトリの物を使用していましたが、これはこれでシンプルで とても良かった。
しかし、このサイズでは足らなくなってきたので、2人で話し合って取り付けることにしました。

スポンサーリンク

川口技研・ホスクリーン

今回選定したホスクリーンはコレ!

ネットショッピングやホームセンター等でも売っており、手軽に入手できる製品です。
また、使わない時は、吊り下げフックと 物干し竿が取り外しできるので、見た目もOK!
他にもいろいろなタイプの物干し竿がありますが、今回は取り外しもできるシンプルな物を選びました。

取り付け用途としては、
・洗面所:洗濯機から出した洗濯物の仮置き、バスタオル等を掛けておく。
・ベランダ手前:洗濯物の出し入れの際の仮置き場、悪天候の際の干場として使用。

ホスクリーンは、吊り金物の長さや タイプが数種類あるので、その場所に合ったものを選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク

取り付け方法

①先ずはホスクリーンを取り付ける位置を決めます。
物干し竿の長さ、ハンガーの大きさ、通路などを考慮して取り付ける位置を決めました。

②吊り金具を取り付ける付近の下地の確認をします。
下地はだいたい、縁から30センチ間隔で入っているので、目安にすると良いでしょう。
(わたくし元は電気工事士)

下地を調べるのに使用したのは、下地センサーと、メタルキャッチャーの、タイプの違う2種類を使用しました。
※補足として、1種類で調べるのも良いですが、2種類で調べた方が、より正確な下地の位置が確認できるので、おススメです。

下地の位置はマスキングテープ等で目印を付けておくとよいでしょう。

③吊り金物の取り付ける位置が決まったら、吊り金物を付属の木ビスで固定します。
電動ドライバー、電動インパクトドライバーで固定しました。
普通のドライバーでは、木ビスの締め込みが硬くて、ネジ頭をなめてしまう可能性があるので、電動タイプをおすすめします。

④吊り金物を2箇所取り付けたら、フックを取り付けて、物干し竿を掛ければ完成です。
吊りフックは、天井金具の根元から外れるので、見た目にもスッキリしてGOOD!

【製品カタログ】
https://www.kawaguchigiken.co.jp/wpcms/wp-content/themes/kawaguchigiken/assets/pdf/products/monohoshi/monohoshi-series/catalog/hos_spot.pdf

【取付説明書」
https://www.kawaguchigiken.co.jp/wpcms/wp-content/themes/kawaguchigiken/assets/pdf/catalog/monohoshi/spc_d_tsuke.pdf

まとめ

洗面所とベランダ手前の2箇所に、川口技研のホスクリーンを取り付けました。
梅雨の季節もこれがあれば洗濯が捗るので安心ですねね。
※作業時間:約30分(1箇所)

使用材料(参考)

■川口技研:ホスクリーン 室内用物干竿

■下地センサー 壁裏探知機

■下地センサー メタルキャッチャー ミニ

■マスキングテープ

■充電ドライバー

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました